SONY α7iiとぐうたら大学生

大学生がカメラを持って近畿をぶらぶらするブログ

utulensを購入した話とレビュー

どうもアルファルファです。

最近はめっきり寒くなってしまってそろそろマフラーが手放せない季節になりますね。

こたつから出られない季節でもあります。現に今わたしはこたつでこれを書いていますがお茶をいれに立つのすらできていません。

 

さてさてそんなことはどうでもよくて、みなさんのカメラのルーツってどこですか?わたしは写ルンです!って答えたいところですが実は教材の付録についてたカメラやったりします。

今回は写ルンですのレンズを再利用して作られたutulensのレビューをします。とはいっても買ってからそんなにたってないのでとても簡単なものにはなりますが。

f:id:alfalfa7ii:20171111111717j:plain

 

それではまずは箱から!

f:id:alfalfa7ii:20171111111903j:plain

背景ごちゃごちゃしてますすみません。

こんな感じの紙の筒に入って送られてきます。販売元はギズモショップという会社です。

utulensの性質上大量生産が難しく売り切れになっていることが多いので、ショップの方が通知したタイミングで買わないと手に入りづらいかもしれません。

わたしはLINEを登録して再販かかったタイミングで手に入れることができました。

f:id:alfalfa7ii:20171111112256j:plain

中身は

・レンズ本体

・Eマウント用レンズアダプター

・レンズを入れられる袋

・スキンシール

・六角レンチ

・説明書

です!

レンズはプラスチックですがマウントアダプターは金属製でとてもしっかりした作りになっています。

余談ですがこのマウントはライカのL39マウントです。ライカレンズ買っちゃおうかな?!ってなりますね(ならない)

f:id:alfalfa7ii:20171111112822j:plain

α7iiに装着するとこんな感じです。

スキンシールは貼らない方が好みでした。

つけて持った感想はひとことで言うととにかく軽い!そして薄い!

 

使うときはまず設定で

・レンズなしレリーズをONにする

・絞り優先で撮影する

・35mm手ブレ補正を設定する(レンズは32mmです)

といった感じです。

このレンズはF値16固定のパンフォーカスなので絞り優先にすることで写ルンですと同じようにシャッターを押すだけという形で使えます。

あともうひとつ注意点があります。F値高いのでセンサーにホコリ等が付着していると容赦なく写真にあらわれてしまうのでお気をつけください。

 

ここからは実際に撮った写真をあげていきます。

まだほとんど撮っていないですが参考になれば幸いです。

f:id:alfalfa7ii:20171111114732j:plain

いかにもって感じじゃないですか??

周辺はかなり甘いです。

f:id:alfalfa7ii:20171111114912j:plain

そして歪みまくります。

f:id:alfalfa7ii:20171111115049j:plain

逆光耐性もまったくないと思って大丈夫です。

f:id:alfalfa7ii:20171111115241j:plain

ざらざらした写真になります

f:id:alfalfa7ii:20171111115359j:plain

アスファルトの左端とかは解像をする気もありません

f:id:alfalfa7ii:20171111115624j:plain

といった感じです。

どうでしょうか、わたしはα7iiで写りがすっかすかなレンズを使うという違和感がとてもすきでutulensがかなり気に入っています。

ミラーレスなら全て対応しているみたいなのでお値段もそこまでしないしおひとついかがでしょうか。

 

それでは今回はこのあたりで終わることにします。

ありがとうございました。

最近買ってよかったもの

どうもアルファルファです。

先週の週末は流星群を撮ろうと意気込んでいたけれども台風でオシャカに。

今週の週末はすすきを見に行こうとするも台風の接近でやばい雰囲気がプンプンしてて泣いてます。

雨が降るかどうかを心配しながらすすきの写真撮るのもなぁ...夕日に照らされたすすきが見たいのになぁ...という感じです。

とりあえず雨で悲しみが強いので最近買ってとてもよかったものを紹介します。ポジティブな気持ちでいきましょう。

 

f:id:alfalfa7ii:20171026222122j:plain

これは記事とは関係ないですが、私の愛機であるα7iiの一番気持ち悪い形状のときです。首から下げててバランスの悪さにびっくりします。けどこのレンズすっっっっごく気に入ってます。またそのうちご紹介します。ストロボは少し前に買った格安のものですが使いこなせるようになったらストロボについても書こうと思います。

 

さてさて、本題に入ります。

最近買ってとても良かったものはズバリ、、、、

 

 

クリーニングティッシュです!!

 

クリーニングティッシュってなんや?って人のために説明すると、クリーニングするためのティッシュ、つまり掃除用具です。

そのクリーニングティッシュのなかでもノンアルコール、ウェットタイプのものを購入しました。

f:id:alfalfa7ii:20171026223554j:plain

 何種類かあったんですけど完全にノリとフィーリングで決めたのは内緒です。

おそらく有名?なのか多くの人が使っているのはこっちの緑のパッケージの方だなと購入してから気づきました。なにが違うのかはわかってません。

 

 

で、このタイプの商品何がいいのかと申しますと、ものすごくきれいになります。

 

私はこれまで乾いた使い捨てじゃない布タイプのクリーニングクロスを使っていたんですけど、あれってレンズについた指紋とかはしっかりゴシゴシしないととれにくいんですよね。

基本的にレンズペンは持ち歩かずクロスだけ持って行くことが多かったので出先でうっかりレンズ触っちゃったりしたらかなりめんどくさかったんです。

でもこれだったらさっと拭くだけできれいになるのでかなり便利です。個包装タイプの使い捨てなので1枚しか持ってなくて使った後にまたレンズ触ってしまったりしたらピンチというデメリットはありますが!

もしもの可能性に備えて併用するのがいいかもしれないですね。

 

f:id:alfalfa7ii:20171026225219j:plain

箱の真ん中がいい感じに開いて取り出しやすくなってます。

 

クリーニングティッシュが優れてるなと思う点を羅列してしまうと

・個包装で使いやすい

・適度な湿り気で拭き跡が残らない

・ホコリがレンズに張り付きにくい

・PCやスマホの画面を拭くのにも使える

といったところでしょうか。

 

特に理由もなくクリーニングティッシュを敬遠していましたが、使ってみたらものすごく素敵な商品でした。やっぱり食わず嫌いって良くないですね。

 

使ったこと無いって方は一度試して見るのをおすすめします。お値段もそこまでしないのでとくに電子端末たくさん持ってる人は画面拭くためだけに買うのも全然ありだと思います。

 

 

それでは今回はこのあたりで終わることにします。

私はいまからてるてる坊主を作って寝ます。

 

ありがとうございました。

 

レタッチの色合いについて

どうもアルファルファです。

前回の記事はみなさんスターをたくさんくれたみたいで思わずにやにやしてました。

今回はすごく短めになりますが色味の話をします。

さっきレタッチをしていてふと思ったことなのでまだ自分の中でまとまってないし整理のために書きます。

あと今回は色味という個人の感覚に左右されることの多いセンス?について書きますので、感じ方は人それぞれで一概にこうとは言えないという逃げ道を先に作っておきます。

f:id:alfalfa7ii:20171015223805j:plainちなみにこの写真は撮って出しです。今回の投稿とは何の関係もありません。

 

では本題です。カメラの液晶で見る写真とスマホの画面で見る写真とモニターで見る写真の色合いって違いますよね?

液晶の発色具合ってメーカーによって結構違って、同じメーカーでも商品によって変わります。

(余談ですがカメラの撮って出しもニコンキヤノンソニーどれもそれぞれ癖があって違います。レタッチすればどれでも変わらないけど。余談でした。)

 

だからもし癖の強い液晶を使って色味の調整をしていると、その液晶を使って見ている分には自分の思ったとおりの色味になっててもどこかに投稿したりして他の端末で確認すると頭をかしげる結果になったりしちゃいます。

 

例えばこれ

f:id:alfalfa7ii:20171015230053j:plain

めっっっっっっちゃ全体青いです。

これは今回たまたま大きな画面で写真レタッチしたいなーと思って普段ゲーム用に使っているモニタを使用したのですが結果こんなことに...。

個人的に赤っぽい写真より青みがかった写真の方が好きではありますがこれはやりすぎ。

けどモニタで見るとここまでの青さじゃなかったんです。かなり設定をいじっているせいで他の端末で見るとこんな感じになってしました。

 

そしてこれはまずいと思ってPCの画面でレタッチしたのがこちらです。

f:id:alfalfa7ii:20171015230935j:plain

どうでしょうか。かなりまともな色味になったのではないでしょうか。

さっきの写真を見た後だとちょっと黄色っぽさが強いかなとも思いますがこればっかりは個人の感覚なので難しいところです。私は自分の色彩感覚に一切の自信がありません。

今はPCの画面でこの写真を見てある程度満足していますがスマホに取り込んで見てみるとまた印象が変わるかもしれません。

本当に難しい問題だと思います。

 

解決法としては、自分が一番写真を見る端末に合わせて色味を調整するのが良いと思います!自分が写真を見返した時に満足すればそれで良いと思うので、毎回端末変えて調整してると、全体見返したときに色味が一貫してなかったら落ち着かないと思うので。

解決法って言った割にはたいして解決できてませんね。ごめんなさい。

 

ということで今回は色味に関するお話でした。

あと追加でもうひとつだけ!

画面見るときにブルーライトカットメガネ使っている人きっといてますよね。あれ結構レンズを通して見た色が変わっちゃうので要注意です!

文章読んだりするときにはとってもいいんですけど写真や絵を見るときは外した方が色鮮やかでたのしいですよー。

 

では終わります!

ありがとうございました。

”初心者向け”写真を撮るときに気をつけると良いことpart2

どうもアルファルファです。

昨日の続きを書くので前回分を読んでいない人はぜひこちらからどうぞ

alfalfa7ii.hatenablog.com

 

今回も特に見通しを立てずにつらつらと書いていくのでもしかするとpart3に突入する可能性があるかもしれませんが、気にせずいきましょう。

 

③撮る高さを変えてみる

視点を変えてみることで印象が大きく変わります。

f:id:alfalfa7ii:20170928172302j:plain

うさぎと同じ目線になってみたり

f:id:alfalfa7ii:20170928172605j:plain

ホームと同じ目線になってみたり、

この写真はホームから腕を伸ばして撮ったのですがカメラを落とさないかとひやひやしました。

 

あとは視点を変えた写真として巨木を撮るときとかにおすすめの方法があります。

f:id:alfalfa7ii:20170928172941j:plain

下からズドーンと見上げちゃいましょう!

正面からただ撮るよりも幹の太さやでかさが強く感じられませんか?

 

④同じ構図で何枚か撮ってみる

私はこれ撮ろうってなってカメラを構えた時に最低2枚は同じ構図同じ設定で撮ることにしています。どうしてこれをするのかといいますと、気に入った構図で写真を撮って、家に帰って確認したときにピントずれや手ブレがあったときに1枚しか撮ってないとどうしようもないですが何枚か撮っているとそれが防げることがあるからです。

あとは同じ構図でF値を変えて撮ることも多いです。1回多くシャッターを切ることで気に入った構図なのにボツ写真になる可能性が減らせるのでこれは強くおすすめします。

f:id:alfalfa7ii:20170928174707j:plain

 

⑤写真は引き算(らしい)

よく言われるのに写真は引き算というフレーズがあります。

簡単に解説すると写真はテーマがあって、そのテーマ以外のものをいかに削ぎ落としてテーマが引き立つようにするみたいな感じだと思います。間違ってたらごめんなさい。

ただこれも主役だけの写真にしろというわけではなく脇役を上手く使って主役を引き立てていらないものは映らないようにすると考えてもらえば大丈夫です。

f:id:alfalfa7ii:20170928193942j:plain

つまりこんな風に雑然と何が撮りたかったかわからないような写真にするのではなくて、

f:id:alfalfa7ii:20170928194057j:plain

こんな風にぶどうを中心に持ってきて手を脇役として使ったり、

f:id:alfalfa7ii:20170928194242j:plain

もういっそのことポリバケツに入れて撮ってみたり、と何が撮りたかったのかを明確にすると見る側もわかりやすくていいのかなと思います。

 

⑥周りの言葉に踊らされない

ここまでつらつらと色々書いてきてそんなこと言うんかよって思われるかもしれませんが大事なことです。水平意識した方がいいとか視点変えたらとかいいましたが、カメラは多くの人にとって趣味でしかありませんので自分の好きなように撮ったら良いと思います。

私はカメラのシャッターを切ること自体が好きで撮れた写真はある意味二の次です。なので私がカメラを使うときに一番大切なことは気持ちよくシャッターを切れるか、それだけです。もちろん人によって大切な部分は違うと思います。カメラに関して様々な人から多種多様なアドバイスを頂いてきましたが自分にとって一番大切な部分は決して譲らないようにしています。

写真はどうしても他の人の評価が気になりやすい趣味です。ですが、他の人に評価されたいと思って続けている趣味は写真に限らずちぐはぐなものになってきます。自分が楽しむということを第一にしましょう!

f:id:alfalfa7ii:20170928201053j:plain

 

ということで今回はこのあたりで終わることにします!

 

次回は四国旅の話かもしくは自分がよく使う構図のお話をしたいと思っています。

ありがとうございました。

 

 

”初心者向け”写真を撮るときに気をつけると良いこと

どうも、アルファルファです。

昨日まで四国旅行に行っていました。一泊二日だったんですけど6割くらいは移動時間で消費しました。

四国、意外と広いです。

 

今回はスマホとかで写真を撮るときにも使える気をつけるとグンと写真が良くなる方法をいくつか紹介します。

ということで今回は写真をなんとなく撮っている人や、もっときれいに撮りたいとぼんやり考えている初心者の方向けの投稿となります。

私自身まだやっと初心者から中級者に片足踏み込んでこれたかなという感じなので拙い点が多いですがご勘弁ください。

それではサクサク書いて参ります~。

 

①水平を意識してみる

これまで水平を意識したことがなかった人はこれだけでかなり見やすい写真になると思います。例をあげてみますね。

f:id:alfalfa7ii:20170927133822j:plain

f:id:alfalfa7ii:20170927133942j:plain

あっ、すいませんひとつ言い忘れてましたけど今回写真のクオリティに関しては何も言わないでください...

普段より5割増くらいで残念な写真が多めです。

 

どうでしょうか。上の写真よりも下のほうが違和感なく落ち着いて見ていられる写真だと感じませんか。今回わかりやすくするために上の写真をかなり斜めにしていますが人間の感覚ってすごいもので少し傾いているだけでも何か違和感があるなってわかっちゃうんです。それを避けるためにもきっちりと水平を意識してみましょう。

 

f:id:alfalfa7ii:20170927135252j:plain

こういった格子?とかが写るときにも水平を意識するとカチッとした写真になります。

でも水平にするって難しくない?って思った方は自分のカメラ、スマホに水平器がついているか確認してみてください。それがなければグリッド線を表示するという項目を探してみてください。

グリッド線の表示は水平をとる以外にも使いみちが多いので表示させておくのがおすすめです!

ただ水平にしない写真がダメってことはないのが写真の難しいところです。

斜め構図がかっちりハマるときもあります。でも、カメラに慣れてない人が斜めで撮るとなんか落ち着かない写真になってしまうことが多め...

私もスマホで写真撮る時なんとなく斜めで撮ってみたりしたことありますが後で見返した時見づらい写真が多いんですよね。

 

②三分割構図を使ってみる

構図とかいきなり難しい事言うな!初心者向けやろ!って思ったみなさん少し落ち着いてください。知ってしまえばめちゃくちゃ簡単で一気に写真上達した感が出ますので。

これを撮りたい!って思ったときその撮りたいものをついついど真ん中にしてはいませんか?それも日の丸構図という構図のひとつですがたまには違うとり方もしてみましょう。

f:id:alfalfa7ii:20170711111831j:plain

主題が真ん中に来る写真が日の丸構図です。ただなんとなく撮ったみたいな写真はこうなることだ私の場合は多いです。

これを少しずらしてみるだけでかなり変わります。

f:id:alfalfa7ii:20170627105101j:plain

被写体変えんな!ってツッコミは無しでお願いします過去写真引っ張り出してるのでダンボーのそういう写真がたまたまなかったです。

さてさてわかりやすくするために線を引っ張ってみますね

f:id:alfalfa7ii:20170927141423j:plain

どうでしょうわかりやすくなったのでしょうか。

 

なにもない空間をつくることでただの記録写真ではない作品風になることがあります。

この構図を覚えているだけで幅が広がるので覚えていて損はないです!

動物を撮るときに、その動物が見ている方向の空間を空けると1枚の写真の中にゆとりが出て想像がかきたてられます。

 

f:id:alfalfa7ii:20170927142050j:plain

 

三分割じゃなくても真ん中から少しずらしてみたり、はたまた四分割で考えてみても普段と違う写真になります。自分の撮った写真を見返して被写体が真ん中にいることが多い人は試してみてはいかがでしょうか。

 

なんか思ったより長くなりそうなので一旦このあたりで終わることにします!

2つしか紹介できてない!

またすぐ更新できるようにしますのでぜひ見てくださいねー。

f:id:alfalfa7ii:20170927142910j:plain

もう夏も終わっちゃいますね。

今年の秋はすすきを撮りに行きたいです。

それでは今回はこのあたりで!

 

都会の中の動物の楽園に行った話

どうも、アルファルファです。

 

非常に久しぶりの更新となりますがきちんとした?理由がありました。

書こうと思ったときにことごとくタイミングが悪い!

思い立って書こうとしたら写真を貼り付けられなかったり、PCの調子が悪くなったりと不幸に苛まれていました...。

 

今日からまた細々と更新して行きます。

 

f:id:alfalfa7ii:20170915203928j:plain

 

さてさて、今回は神戸三宮から電車で一本のところにある神戸どうぶつ王国に行ってきた話をします。

神戸どうぶつ王国、ご存知でしょうか。そんな名前聞いたことないぞという人はもしかしたら”神戸花鳥園”という名前でしたら馴染みがあるかもしれません。

経営がうまくいかなくなってリニューアルオープンしたみたいです。

 

私は花鳥園のときも行ったことがなかったので以前との比較はできませんがとりあえず神戸どうぶつ王国の感想を言うのなら、、、

 

めちゃくちゃ楽しかったです。

 

たくさんの愛らしいどうぶつがいてまさにどうぶつ”王国”といった感じでした。

8月の夏休みの期間に行ったためかこどもがとても多く楽しそうな声が園内にひびきわたっていました。どうぶつもこどももかわいい。

 

 

どうぶつ王国に入って最初に私を待ち受けてくれていたのはなんと、、、

f:id:alfalfa7ii:20170915205123j:plain

スカンクちゃん!!!

やる気出せ。

はい、最初からものすごい歓迎ムードでした。

いや肉球めちゃくちゃかわいいしいいんですけどね!お顔を見たかったなと!!!

ちなみに帰りにここに寄って行ったときも顔は見れないままでした。ショック。。。

 

f:id:alfalfa7ii:20170915205633j:plain

レッサーパンダは安定の可愛さですね!

いつどこでみてもレッサーパンダはかわいい!

 

飼育員のお姉さんが言ってましたがレッサーパンダレッサーパンダレッサーパンダ属で、レッサーパンダだけでレッサーパンダ科が完結するみたいです。何回レッサーパンダって言うんだって話ですよね。

ジャイアントパンダがおっきいパンダでレッサーパンダはちっちゃいパンダってことらしいです。でもジャイアントパンダはクマ科のジャイアントパンダ属です。ややこしい。

さすがにレッサーパンダって言いすぎた気がするので次に行きましょう。レッサーパンダレッサーパンダ

 

f:id:alfalfa7ii:20170915210859j:plain

ハシビロコウさん!

めっっっっっっちゃでかくて怖かったです。横顔がイケメンすぎる。

コワモテだけど優しいみたいなパターンかと思いきや、近くにいた小さめの鳥が寄ってきたら威嚇してたのが印象的だった。見た目どおりのハシビロコウさん...。

 

グッズ売り場にいたハシビロコウさんのぬいぐるみはとてもデフォルメされていてかわかったです。盛れてました。

f:id:alfalfa7ii:20170915211408j:plain

この鳥の名前はわかんないんですけどとにかく美脚でした。美脚以外の感想なし。

 

f:id:alfalfa7ii:20170915211641j:plain

熱帯にいる鳥たちのエリアもきちんとありました。

あのあたりの生き物はカラフルだったり特徴的な見た目をしていて見てると楽しくなってきます。トロピカル。

このこは後で飼育員さんの腕に乗っててそれがすごくかわいかったんですけど飼育員さんと喋ってたら写真を撮るのを忘れていました。カメラ向いてない...。

f:id:alfalfa7ii:20170915211933j:plain

カワウソ!!

私カワウソめっちゃ好きなんです。

これまた三宮にカワウソカフェってあってそこでカワウソを見ながらゆっくりできるんですけど超おすすめです。

そのカフェではカワウソと握手したりできるんですけど、カワウソの手ってほんとに赤ちゃんみたいでめっちゃかわいいんですよ!

ちなみに伊勢のほうにもカワウソと握手会できるとこあります。

 

どうぶつ王国のカワウソは水場で遊んでいるのがそれはもうとてもとてもかわいかったです。ここだけで数時間潰せそうなくらいかわいかったです。

でもすっごく元気で動き回るので写真はうまいこと撮らせてくれない.....。

 

f:id:alfalfa7ii:20170915212543j:plain

サーバルキャットちゃんもいました。この子はガラスの向こうにいたので太陽の反射と相まってうまく写真が撮れず...。

f:id:alfalfa7ii:20170915212736j:plain

そしてそしてフェネックさん!この子もガラス越しでしかもずっと寝ていたので非常に難しく...。生でフェネックみたのは初めてだったけど一瞬でファンになっちゃいました。大きな耳がすっっっっごくかわいいです。

サーバルキャット...フェネック.....ハシビロコウ.......なにか関連性を感じずにはいられませんが明言は避けておきましょう。私はアライグマとフェネックが好きです。

 

ほとんど動物紹介で終わってしまいましたがちょっとだけ施設についても書いておきますね。

入園料は1500円!まあそんなもんかなって値段です。駐車場は一日500円です。

ちょっと行ったところにおっきいIKEAがあってそこは駐車料金がタダです。だから何だという話ですがIKEAはタダです。

 

職員さんはみんなすっごく対応がよくてお喋りや質問をすると何でも笑顔で答えてくれました。好印象。みんなすごくどうぶつが好きなんだよく伝わってきました。

基本的にはどうぶつへのおさわりは禁止されているんですけど、ふれあいコーナーがあってそこはずっと大盛況でした。もふもふできます。

こんなところですかね!

動物園よりもどうぶつたちとの距離感がすごくちかくてまた違った楽しさがあるところでした。おすすめなのでぜひどうぞ!

 

 

では今回はこのあたりで終わることにします。

次の更新はできる限り早く...。

ありがとうございました。

信州あたりに旅行に言ってきた話 Part2

どうも、アルファルファです。

8月は色々な予定を詰めに詰めていたのですが、今日はやっと何も無い日です。

遊ぶのはとても楽しいですがやっぱり落ち着く日も大事だなと噛み締めています。3時間昼寝しました。昼寝は素敵。

 

f:id:alfalfa7ii:20170829155033j:plain

さてさて、今回も信州あたりに行った話をしていきますね。

写真多めで書いて行きます。

 

まずは

f:id:alfalfa7ii:20170829160337j:plain

 

f:id:alfalfa7ii:20170829160424j:plain

前日が大雨だったっせいか水は若干濁っていましたがとても素敵な場所でした。なによりとても涼しい!

これがマイナスイオンか...!って言いながら水しぶきを浴びていました。レンズ濡れました。

 

滝の音ってすごく良くないですか?あの音を聞いているととても落ち着くので大好きです。川の音も良いですよね。水の音が好きなのかもしれません。

f:id:alfalfa7ii:20170829160857j:plain

 ちなみにこれは滝に行くまでに通る橋なんですけどとっってもきれいでした。この黄色い花は名前はわからないのですが信州あたりの至る所に群生していました。

次は絶景!

f:id:alfalfa7ii:20170829161609j:plain

日本とは思えない景色でした。

絶景というよりかは絶壁といったほうが正しいでしょうか。

向かいの崖の上から下を見下ろしてみたいという感情が膨らみましたがおそらくうっかり滑って死んだりしそうなのでやめておくのが正しいですね。

f:id:alfalfa7ii:20170829162944j:plain

これは架線ですね。右側が昔使っていたもので左側が新しい方だそうです。

新旧がこうもならんであるのは珍しいのでしょうか。

f:id:alfalfa7ii:20170829163150j:plain

旧架線の方は下から見上げるとこんなふうに見えます。

線路をこんなふうに下から見上げることって初めての経験で新鮮でした。

f:id:alfalfa7ii:20170829163724j:plain

次は八海山

お酒好きな人なら一度と言わず何度も聞いたことがあるのではないでしょうか。日本酒が有名ですね。

f:id:alfalfa7ii:20170829163923j:plain

f:id:alfalfa7ii:20170829163943j:plain

若干霞んでいて遠くは見えづらかったのが残念ですけど周りの山々が連なっているのがとても迫力ありました。

八海山の冷水は確かに冷たかったですけど私の味覚では特に違いはわかりませんでした...。多分美味しかったです。

f:id:alfalfa7ii:20170829164336j:plain

f:id:alfalfa7ii:20170829164927j:plain

最後は藤原神社

ここは地元の方々がずっと昔から自分たちの手で大切にされてきた神社だそうです。

華やかさとかは全然ないんですけど、すごく落ち着いた雰囲気で時間の流れがとてもゆっくりに感じられました。

f:id:alfalfa7ii:20170829164829j:plain

 

ということで信州あたりに行った話はこれで終わりです!

かなり乱雑になってしまいましたね。次の旅行記を書くまでにはもっといい文章が書けるように精進します...。

 

今回はこのあたりで終わることにします。

ありがとうございました。