SONY α7iiとぐうたら大学生

大学生がカメラを持って近畿をぶらぶらするブログ

山登りとα7iiの話

どうもアルファルファです。

この時期はけっこう甲子園の中継を見ているのですが、応援している高校が負けてしまって非常に落ち込んでいます。プロ野球はあんまり見ないんですけど高校野球はとても好きです。

夏の風物詩って感じがしていいですよね。

さて、夏といえばみなさんは”海”派ですかそれとも”山”派ですか?

 

 

 

私はクーラーの効いた室内をこよなく愛しています。

 

f:id:alfalfa7ii:20170819193009j:plain

今回は金剛山に登ってきた話をします。

大阪からのざっとした行き方を書くと

大阪→環状線新今宮→南海河内長野→バス金剛山登山口

といった感じですね!

山が好きで山登りもちょくちょくするんですけどしっかりザックや登山靴を用意しないと登れないようなところは行ったことがないです。だいたいジャージとリュックサックとランニングシューズで大丈夫なところばっかりを登っています。

 

街歩きとかでなくこうした活動のときはα7iiとSEL28F20の軽さコンパクトさがとてもうれしいです。首にさげたままでも(比較的)疲れないしどこかへレンズをぶつけたりする心配も(比較的)ありません。

山登りと広角はとても相性がいいです!

山頂から見た雄大な景色を収めきることができるからです。しかし今回その写真はありません!

f:id:alfalfa7ii:20170819193500j:plain

 

 

では気を取り直してここからは金剛山の見どころを少し紹介していきます。

そのいち!

f:id:alfalfa7ii:20170819194314j:plain

真夏に紫陽花が見れる。

これは金剛山に限ったことではないですが標高があるので街中にくらべるとかなり涼しいんですね。多分それが理由でずっと紫陽花が咲いたままです。

真夏に紫陽花を見るのはなんとなく変な感じがします。

まるで冬にサマーウォーズを見るようなそんな感覚...。

もやもやするのでぜひ見に行ってください。

 

そのに!

f:id:alfalfa7ii:20170819195011j:plain

夫婦杉に圧倒される!

すっっっごく立派な杉の木が二本隣り合ってそびえているんですけど圧巻のひとことです。夫婦杉って名前がまた良いですね。いったい樹齢何年なんでしょうか...。

ほんとうにきれいですばらしいので金剛山に行ったら絶対に夫婦杉を下から見上げてみてくださいね!

 

そのさん!

f:id:alfalfa7ii:20170819195328j:plain

湧き水が美味しい。

先に言っておきます。自己責任ですよ!湧き水を飲んでお腹こわしても知りませんからね!!!

でもめちゃくちゃおいしいです。すごく冷えてて気持ちいいし最高です。

このお水でコーヒーいれたらきっとおいしいだろうなと思って水筒に汲んだものの帰り道で飲みきってしまったのは内緒の話です。それくらい好きでした。

 

さてさてみっつをまとめると

・夏の紫陽花

・そびえたつ夫婦杉

・おいしい湧き水

こんな感じですね!拙い文章ですが魅力は少しでも伝わったでしょうか。

 

金剛山は傾斜のきつい道もなく普段運動をされていない方でも登ることのできる山です。山を登って汗をかいて美味しい湧き水を飲む。こんな休日はいかがでしょうか。

ということで今回はこのあたりで!

 

 

 

毎度恒例(にしたい)最後にひとこと言って終わることにします。

 

木々に囲まれる休日は最高

 

ありがとうございました。

ろうそく祭りとα7iiの話

どうも、アルファルファです。

私は特にどの宗教を信仰しているとかはないんですけど漠然と神様っているんじゃないかなと思っています。

こういうことあんまり言ってると怒られたり呆れられたりしそうなのであまり大きな声では言えないですが...。

 

f:id:alfalfa7ii:20170817012329j:plain

この前一気に現像したので右下のIDは末尾が切れたままです。(笑)

 

さて、今回は高野山で開催されたろうそく祭りにいってきた話をします。

高野山の行き方ですが、大阪駅発だと

大阪→環状線新今宮→南海橋本→南海極楽橋駅→ケーブルカー高野山

といった感じです。高野山駅からはバスにのって移動する人が多いですね。1日乗車券が販売されていたので日帰りの方ならお得です。

私は一日乗車券を買いましたがぶらぶらと歩きまくっていたのであまりバスに乗りませんでした。

 

f:id:alfalfa7ii:20170817005854j:plain

 

高野山駅に降り立って最初の感想は「涼しい!最高!」でした。あまり気温が高くなく湿気も全然ないので真夏なのに日差しがとても気持ちよくてすごしやすい気候でした。

さてさて私がこの高野山に来た理由はですね、もちろん世界遺産に登録されてから一度も来ていなかったため金剛峯寺を見たりしたいという気持ちもありましたが一番の目的はやはり、、、

 

ろうそく祭りです!

 

ろうそく祭り、ご存知ですか?実はろうそく祭りというのは通称で、正しくは萬燈供養会<まんどうくようえ>と言うそうです。開催場所は高野山の一番奥の方、奥の院の参道にて開催されます。参道の端にろうそくが立てられ、周りの荘厳な墓石と立派な木々に囲まれた空間はとても幻想的で別世界のようでした。

f:id:alfalfa7ii:20170817011703j:plain

ちなみにこの日はα7iiにいつも愛用しているSEL28F20の単焦点レンズを装着して荷物は軽めで行きました。ろうそくの光で普段よりは明るくなっているとはいえやはり夜の山の中、手持ちで撮るなら明るい広角レンズじゃないと手ブレの問題などが深刻につきまとってくると思います。というかなんならSEL28F20でも手ブレしていました。

f:id:alfalfa7ii:20170817012143j:plain

本当にすごくきれいで、途中は写真を撮ることを忘れて見惚れてしまっていました。

参道を横に外れたところでがっつり三脚を構えている方も一定数いましたがきっと毎年来てこの幻想的な空間を写真に収めているのだと思います。三脚を使って撮られていた方の写真をぜひ拝見したいです。

f:id:alfalfa7ii:20170817012803j:plain

ほんとうにほんっっっっっとうに素敵な空間で、ぜひ来年も訪れたい夏のスポット暫定No,1です!

とりあえずどんな感じかをつかめたので来年は撮り方をもっと工夫してあのきれいな空間の雰囲気をしっかりと一枚の写真の中に収められるようになりたいです。

f:id:alfalfa7ii:20170817013801j:plain

今回はこのあたりで終わりにしようと思います。

高野山のろうそく祭り、みなさんぜひ訪れてみてください。きっと感動します。

f:id:alfalfa7ii:20170817013427j:plain

 

今回も最後にひとこと言って終わることにします。

 

黄身の入ったコーヒーは思ったよりイケる!

 

こちらは奥の院口近くのカフェでいただきました。サンドイッチもすごく美味しかったです。

ありがとうございました。

夏休みに突入した話

どうもアルファルファです。

とてもとてもお久しぶりです。私は大学生なのでいわゆる学期末にテストがあるのですがそれが今年は8月2週目の頭まであったので全然記事を更新できていませんでした。

これが今月最初の投稿になるのですが、アクセスを見てみると記事を書いていないにも関わらず多くの方がブログを訪れてくださっていたみたいで本当にありがとうございます!

これからはこまめに投稿できると思いますので、ぜひちょくちょく更新してるか見に来てください!!!

 

f:id:alfalfa7ii:20170814205034j:plain

 

さて、今回久しぶりの投稿になりますが何についてお話をしようかなと思っていたのですが、とりあえずクイズを出そうと思います。

この写真で写っているのはどこでしょう!!!

 

 

これだけで分かる人はかなりマニアックだと思います。

地元の方かよっぽど詳しい人なら気づいたりできるかな、、、といった感じですね。

さすがに難しいと思うのでもう1枚くらい写真を載せますね。

 

f:id:alfalfa7ii:20170814205413j:plain

ちなみに右下にツイッターのID載せたのはいろんな人がやってるのを見て憧れてつけてみたのですが無計画につけたので末尾がはみ出しました。すごく恥ずかしいです。

 

 

さてさてそろそろ答えを言ってしまいますね。

 

なんとこの場所の正解は、、、

 

 

京都駅です!

 

写真見た瞬間わかったとか、正解聞いてあぁ~なるほどってなった方いらっしゃいますかね....?

もしいらっしゃったらぜひ教えてください。あなたはきっと京都駅マスターです!(笑)

 

駅の天井とか屋根って結構特徴的なところが多いですよね。私はこの京都駅のあみあみに組まれてるのがすごく好きで京都駅に行くたびに見惚れてしまいます。

 

f:id:alfalfa7ii:20170814210704j:plain

すごく不思議な形です。高名なデザイナーとか建築家の方が設計されたんでしょうか。

大阪駅も天井があみあみになっていますが京都駅ともまた違ってどちらもほんとうに素敵です。これまであんまり気にしていなかった方は駅に行ったときにぜひ1度天井を仰ぎ見てください。きっと圧倒されるはずです!

 

ということで今回は京都駅のあみあみの話でした!

今更ですけどあみあみって表現できちんと伝わっていたんでしょうか...。

気にしたらだめですね!なんとなくでわかってください!!

ちょっと短いですけどこのあたりで終わることにします。

次回の更新はまたすぐにするつもりです。

 

 

それでは今回も最後にひとこと言って終わることにします。

 

夏休みでかなり浮かれております!

 

ありがとうございました。

 

 

SEL85F18とテーブルフォトの話

どうも、アルファルファです。

最近やっちゃったなァ~って思ったことは何?と聞かれたら持っていくレンズを間違えたこと!と即座に答えます。

前日に準備しておくことって大事ですよね。家を出る前ばたばたしてるといつもやらかしてる気がします。

f:id:alfalfa7ii:20170721182122j:plain

 

はい、ということで今日は中望遠単焦点レンズであるSEL85F18でテーブルフォトを撮ってきた話をします。

とりあえずSEL85F18の最短撮影距離のおさらいをしておきましょうか、なんと最短撮影距離は、、、、

 

0.8m

 

0.8mですよ!80cmですよ!800mmですよ!

考えてみてください。お店に入って普通に席に座って目の前にティーカップやケーキがある。距離感はどのくらいだと思いますか?

多分ですけど目の位置からだと30~50cmくらいじゃないですか。

ということはこのレンズでまともに写真を撮ろうと思ったらそこから30cm以上下がらないといけません。

f:id:alfalfa7ii:20170721182919j:plain

無理。。。

いや、どう考えても自分の目の前の写真を撮るのは不可能でした。

そこで完全に諦めて対面の一緒に行った相手の前を撮ることにしました。正直それでもまだ最短撮影距離に満たなかったので自分ができる限りさがって撮りました...。

 

行ったお店は3段のケーキスタンドがあるところでそれを楽しみにしてカメラを持っていったのですが、まあ無理でしたね!

こんな感じになりました。

f:id:alfalfa7ii:20170721183510j:plain

キッツキツですね。しかもお皿は三枚きちんと写っていますがケーキスタンドを入れることは不可能でした。ピント位置もぶっ飛んでます。

左上にほんと若干写ってる棒がケーキスタンドの一部です。

 

f:id:alfalfa7ii:20170721184154j:plain

対面の相手の手元撮ったりするには良いと思います。ほんとに手元以外うつらないですけど。

今こうして見てるとほんとにひどい写真が多いです(笑)

ただですね、ケーキと紅茶とスコーンめっっっっっっちゃおいしかったです。

北浜レトロという有名なお店なんですけども店内の装飾や店員さんの制服とかもう全部大満足でしたので超おすすめです。ぜひ行ってみてください。

 

今回のやらかしは非常にいい経験になりました。

ただ今思えば中望遠のテーブルフォトに向いてないレンズだからこその写真を撮れたんじゃないかとも思って悔しいですが正直その時はケーキと紅茶おいしすぎる以外の感情がなかったので仕方ないね!

f:id:alfalfa7ii:20170721185030j:plain

北浜レトロのあとはずっと気になってたECOPRESSOをば!!!

くまさんの絵を描いていただきました。このときも机の端っこの方において苦心しながら写真を撮っていました。

このお店はRJ CAFEです!

こちらのお店は北浜レトロとは全然違うアメリカンな店内のデザインで楽しかったです。

 

食には満足したが写真には満足行かない一日を過ごしました。

どんどん暑くなってきてるので外で写真を撮る人はどうか熱中症などにお気をつけください!

私はクーラーの効いた室内や店内以外になかなか行こうという気になれません。

今回はこのあたりで終わります。

 

最後にひとこといって終わろうと思います。

 

寝る前に荷物チェック!!!

 

ありがとうございました。

α7iiと私の所有しているレンズの話

どうも、アルファルファです。

夏の暑さにやられて体調を崩しました。みなさんはどうかお気をつけください。

今はクーラーの効いた部屋でゆっくり休んでいます。

f:id:alfalfa7ii:20170714131831j:plain

今回は私の持っているレンズについてお話していきたいと思います。

最初に列挙しておきます

・SEL2870

・SEL28F20

・SEL85F18

Carl Zeiss Jena DDR Tessar 50mm f2.8

上3つがSONYの純正レンズで最後の1つがいわゆるオールドレンズですね。たしか1980年代くらいの東ドイツ製だったような気がします。

ラインナップを完結にいうと標準ズームレンズ1本と単焦点3本です。

SEL2870

α7iiを買ったときにとりあえず標準ズームレンズをばと思って一緒に買いました。

一番使ってないレンズです。写真を撮るためというよりかは単なる記録用として使っている事が多いです。たまに使うとやっぱりズームレンズってすごく便利だなぁと思うんですけどね...。

良くも悪くも一番基本の標準ズームレンズかなという印象です。ですが値段を考えると決してダメなレンズではないです。歪みなどはほとんど気にならないぐらいで最初の一本としてはとりあえず買っておくというのもアリです。ぶっちゃけ他の純正ズームレンズの値段がものすごいから私にはこれ以外の選択肢がないみたいなところはあります。

 

SEL28F20

これもα7iiを買ったときに一緒に買ったレンズです。

一番使っているレンズです。とにかくコンパクトで軽く、ミラーレス一眼にピッタリなレンズです。28mmという広角なレンズでなおかつ結構寄れるレンズなので重宝しています。旅行の際にもこのレンズで行くことがほとんどですね。ちょっと絞るだけでかなりシャープになるので風景写真にもってこいです。あとはテープルフォトにも使ったりしています。

ただやっぱりこれ一本でいくとどうしても同じような写真が多くなったりこんな風に撮りたいのにこのレンズだと撮れないなってなることはそこそこの頻度であるので難しいです。ほんっっっっとにお気に入りのレンズなのでこれからも一緒に色々なところに行くつもりです。

 

SEL85F18

最近買ったばかりのレンズです。

ついこのあいだ仲間になったばかりのレンズです。まだあまり使えておらず特徴とかもいまいち把握できていないのですがSEL28F20で撮れない写真をたくさん撮れるんじゃないかとわくわくしています。とりあえず早く画角に慣れるようにがんばります...。

 

Carl Zeiss Jena DDR Tessar 50mm f2.8

いつごろ買ったかは忘れちゃいました。

よーし今日は写真撮りに出かけるぞってときによく使っているレンズです。オールドレンズのためもちろんマニュアルフォーカスなので歩きながらさっと撮ったりできないんですよね。すごい人はAFと同じくらいの速度でピントを合わせたりするらしいですけど私には不可能です。

マウントはM42、いわゆるスクリューマウントです。すっごく安かったマウントアダプター使ってα7iiに装着しています。

30年以上前のレンズとは思えないほどきれいに改造して写ります。ただ逆光にめちゃくちゃ弱くてゴーストやハロがひどいんですけどそれがまたいい味をだしてオールドレンズならではの写真を撮れて楽しいです。

 

こんな感じでしょうか。オールドレンズはもっと色々試してみたいのですがネットで買うのも状態がどうかわからなくて怖いしお店に行って実際に見てもいまいちわからないので手を出しづらいです。緑のロッコールとかすごく気になっているんですけどね。

 

ということで今回はこのあたりで終わろうと思います。

 

ありがとうございました。

 

α7iiとsel85f18レビュー

どうも、アルファルファです。

ひっっっっじょうに暑い日が続きますね。外を歩いていると溶けてしまいそうです。

最近買って良かったものって言われてみなさんなら何を挙げますか?

私はレンズです。

f:id:alfalfa7ii:20170711110356j:plain

1/2000 秒。 f/1.8 85 mm

はい、ということで今回はタイトルにもあるとおりSEL85F18の話をしていきます。

いやぁ、買っちゃいました。中望遠の単焦点が欲しい欲しいと言いながらもなかなか手をを出せなかったのですがついに!買いました!

カタログスペック等についてはリンクを載せておきますのでSONYのページからご覧ください。

www.sony.jp

さてここでまともなブロガーの方ならレンズ自体の写真を撮ってあげたりするのでしょうが申し訳ないです、用意してません。

ということでさっさと実写レビューに行こうと思います。

f:id:alfalfa7ii:20170711111831j:plain

1/100 秒。 f/2 85 mm

とりあえず思考停止でダンボーを取りました。物撮りのための環境を一切整ってないので普段使っている机の上に置いただけなのはご容赦ください。

とりあえずですね、一発目写真を撮ったときの感想はですね、

寄れない!!です。

普段SEL28F20を使っているせいもあってかあまりの寄れなさにびっくりしました。

最短撮影距離を比較すると

・SEL28F20 25cm(MF時)

・SEL85F18    80cm

実に3倍以上です。

あとこれはレンズがどうとか言う話ではないんですけど普段28mmを使っているために全然距離感が測れないです。撮ろうと思って構えてから2歩は下がらないと頭の中で想定した画になってくれません...。中望遠に慣れるにはまだまだ時間がかかりそうです。

f:id:alfalfa7ii:20170711114037j:plain

1/640 秒。 f/5.6 85 mm

さてさてお次はボケの話です。ボケの写真を見せるのに提示した写真が開放からガッツリ絞ってるのには突っ込まないでください。

いや、あの、言い訳だけさせてもらいますけどね、中望遠めっちゃボケるんですよ!ほんとこれまで使って来なかったからものすごくびっくりしました。開放で撮るつもりがあまりのボケにびっくりして絞っちゃいました。

f:id:alfalfa7ii:20170711114459j:plain

1/1600 秒。 f/2.2 85 mm

これがさっきのと比べてかなり開放よりで撮った写真です。前ボケをしてみたかっただけなのですがピントの位置がぶっ飛んでます。全然使いこなせてない.......。

ボケの印象としては開放で撮ると少しグルグル渦巻くボケになるけど少し絞れば改善される、前ボケは柔らかめ、後ボケは前ボケほど柔らかい感じはないです。

 

夜に人を撮ったりもしたんですけど照明がほとんど無い中でもα7iiの手ぶれ補正込みでかなりきちんと撮れました。ただそのときも撮ろうと思って構えてから数歩下がるを繰り返してました...。

またそのとき瞳AFを試そうと思っていましたが完全に忘れていました。

SEL85F18は鏡筒にAF/MF切り替えスイッチがついているのですが私はα7iiにカスタマイズボタンで切り替えできるようにしているのであまり恩恵は感じませんでした。

ボタン割当についてもそのうちブログに書こうかなと思います。

f:id:alfalfa7ii:20170711121039j:plain

1/100 秒。 f/2.5 85 mm

脱線してきたのでこのあたりで〆にいきます。

SEL85F18のすばらしいところを列挙すると

・安い(SONYの中では)

・コンパクト

シャッタースピードを稼ぎやすい

・とにかくボケる

・カスタマイズボタンに瞳AFを設定できる

などでしょうか!

初めての中望遠単焦点であまりにも未熟なのでこれから精進したいです。

様々な可能性を秘めてそうなレンズなので楽しみです!

 

 

 

今回も最後にひとつだけ言って終わりたいと思います。

 

比較的安いが財布には厳しいと言わざるをえない

 

ありがとうございました。

α7iiとバッテリー

どうもアルファルファです。

今日は台風が来ているみたいですね。私のところでは雨も風もまだ無いですが今日は出歩かないようにします。大学生の特権です。

f:id:alfalfa7ii:20170704101300j:plain

今回はα7iiとバッテリーの話をします。

α7シリーズは巷ではバッテリーが全然持たないと苦言を呈されています。

 

しかし私はこう言いたい

バッテリーが持たないこともない

キヤノンニコンの一眼レフを一日フルで使い倒したことがないので比較はできずα7iiへの絶対評価にはなってしまうのですが、交換バッテリーが必須と言われているのには疑問を感じます。

工夫次第でα7iiのバッテリー問題は解決すると思います!

f:id:alfalfa7ii:20170704103340j:plain

 

ではそのバッテリー問題の解決策を書いていきます。

  • シャッター半押しAF(オートフォーカス)を切る
  • 使わないときは電源を切る
  • モバイルバッテリーを使用する

主にこの3つでかなり変わるのではないかと思います。

 

シャッター半押しAF(オートフォーカス)を切る。AFをシャッター半押しに設定するのも手軽で良いとは思うのですが、α7iiはボタン設定をカスタマイズできるのでAELのところにAFを設定すると親指AFができて慣れるととても便利です!

半押しするたびにAFをすると体感ですがかなりバッテリーの減りが早くなるような気がするので親指AFにすることをおすすめします。

 

使わないときは電源を切る。当たり前ですね。ですが他社製一眼レフユーザーの方はあまり意識されてない方が多いのではないでしょうか。液晶が写っていると思いの外バッテリーを消耗します。

撮らないときはは電源を切っておきましょう。心がけるだけでかなり変わります。

 

モバイルバッテリーを使用する。モバイルバッテリーの使用により無限の可能性を得られます。撮らないときにモバイルバッテリーによって給電しておくことでいつでもバッテリーが満タンな状態で写真撮影をできます。ただ、給電しながらの撮影はできないのでお気をつけください。

ぜひモバイルバッテリーの活用をしていただきたいです。α7iiの強みであると思います。

f:id:alfalfa7ii:20170704111108j:plain

ここまでのバッテリー問題は対策でどうにかなるって話は写真撮影に関しての話です。

動画撮影になるとかなり問題は深刻で、環境によって変わるとは思いますが自分がこの間動画撮影をしたときはおおよそ1分で1%バッテリー残量が減っていきました。

そのときは連続で撮影する必要があったのでモバイルバッテリーで給電するにも間に合わず、さすがに交換バッテリーがいると感じました。

 

ということでα7iiとバッテリー対策の話でした。

もちろん撮影スタイルは人によって違いますしバッテリーの消費速度も人によって違うのでこんな対策をしても無駄って思うかもしれないですがこれで問題改善できた人がいるとうれしいです。

 

 

 

今回も最後にひとつだけ言って終わることにします。

 

交換バッテリーを買う予算がない

 

ありがとうございました。