SONY α7iiとぐうたら大学生

大学生がカメラを持って近畿をぶらぶらするブログ

相棒にα7iiを選んだ理由

どうも、アルファルファです。

ブログに記事を書くのは人生で二度目の体験となります。

f:id:alfalfa7ii:20170623000730j:plain

 

今回は私が愛してやまないα7iiの魅力となぜこれを購入するに至ったかという話をしていこうと思います。

まず私が初めに買ったカメラはSONYα6000です。

www.sony.jp

α6000は非常に優秀でサイズは手頃だしシルバーの本体にシルバーのレンズがよくマッチしていて見ていて幸せになれるし適度な価格帯ですばらしいパフォーマンスを発揮するし、、、、とにかくすばらしいカメラでした。

 

ではなぜα6000からα7iiにカメラを変えることにしたのか...

 

なんとなくです

 

いや、すみません、ふざけているわけではないです。本当にα6000に不満は特になくとても満足していたんですよ。でもα7iiをみたときに「これだ!!!」ってピンときちゃったんです。

しかしながら資金が潤沢であったことがない大学生アルファルファ...α7とα7iiのどっちにするかとてもとても迷いました。正直α7の値段でも尻込みしてしまうお財布事情...。

しばらく迷っていてヨドバシカメラソニーストアにも何度も足を運んで実機を触ってシャッターを切って見てSONYの人と喋ったりして、最終的にα7iiの方に決めました。

カタログスペックなんかは私が語っちゃうと色々ボロが出てしまう気がするのでSONYのホームページからどうぞご覧ください。

www.sony.jp

 

α7iiを買うと決意した決め手は?

今思えば私がα7iiを買うことは当たり前だったんですね。

なぜかといえば、α7にするか迷っていた理由は値段がα7iiよりも安いというそれだけだったからです。値段を理由にα7ii買ってしまうと後で後悔することがわかりきっていたので貧乏極貧生活をしてやるという決意を持ってα7iiを買いました。

超超超超個人的な意見ですが、α7iiがより優れている点としてボタン配置が撮影しながら押しやすい位置に変わったこと、手ぶれ補正が内蔵されたこと、グリップが深くなったので安定性が増したこと、シャッター音が心地良い何度でも聞きたい音になったこと、特に最後がかなり重要です。

一枚写真を取るたびにシャッター音は絶対に耳に入ります。一日に1000枚写真を撮ったならば1000回シャッター音を聞いているということです。シャッター音フェチの私としてはもはや綺麗な写真を撮るためよりも音を聞くためにシャッターを切っているときがあります。嘘です嘘です言い過ぎました。

ずっと使うカメラだからこそ細かいところまで気に入ったものを使いたいですよね。

f:id:alfalfa7ii:20170622235517j:plain

 

 

長くなってきたので今回はこのあたりで終わりにしようと思いますが当初の予定よりα7iiの魅力が2割くらいしか書けていません。どうしましょうか。。。

α7iiほどオールドレンズを楽しむことに向いてるカメラはないとか、α7iiのキュートな姿を見ながら白米を二杯は食べれる話とか色々したいのですがまたの機会にします。

良いところだけじゃなく悪いところもしっかりと伝えないとフェアじゃない感じがするので気にいらない、改善してほしいところも書こうかなと思います。悪いところがあるか知りませんけどね!

 

 

今回も最後にひとつだけ言って終わることにします。

 

カメラ買って数ヶ月間は超極貧生活でした。

 

ありがとうございました。