SONY α7iiとぐうたら大学生

大学生がカメラを持って近畿をぶらぶらするブログ

α7iiの弱点とは...!?

どうも、アルファルファです。

ブログに記事を書くのは人生で3度目の体験となります。次の更新が4回目なので次更新したら3日坊主と言われることはなくなるでしょうか。

 

 

f:id:alfalfa7ii:20170624170631j:plain

 

今回は私が愛してやまないα7iiの決定的弱点について書こうと思います。

えっ!?α7iiに弱点なんてあるの!!!???って思ったそこのあなた、仲良くなれそうです。

 

良いところだけじゃなく悪いところもしっかりと伝えないとフェアじゃない感じがするので気にいらない、改善してほしいところも書こうかなと思います。悪いところがあるか知りませんけどね!”

悪いところがあるか知りませんけどね!悪いところがあるか知りませんけどね!悪いところがあるか知りませんけどね!

 

はい、前回こんなことを言っていた私ですが投稿して3秒後くらいに気づきました。

α7iiには、、、いや、α7シリーズには決定的な弱点がある!!!!!!!!!

α7シリーズには、、、、

 

レンズがない!

 

誤解を招かないために言い方を変えると

(財政的に買える)レンズがない”です。

f:id:alfalfa7ii:20170624171543j:plain

 

説明していきます。と言いつつもそんのに説明しないのでこの部分は読み飛ばして頂いても大丈夫です。

 

SONYのミラーレスは、Eマウントです。

カメラのマウントについてよくわからないよって人、ググってみてください。確実に私より説明がうまくてわかりやすい人が解説してくれてるサイトがあります。

 

そして、α7シリーズが実力を十二分に発揮できるのはそのEマウントのレンズの中のフルサイズ対応のレンズ、FEレンズなんです。みなさんここまでついてこれてますか?

そもそもフルサイズって何や...?って思った方はまたもググってみてください。確実に(以下略)

 

純正のレンズの場合、フルサイズ対応レンズの数は

ニコンが約70種類程度、

キヤノンがこれまた70種類近く、

そしてSONYはなんと21種類です。

 

はい。そして更に悲しいことにキヤノンニコンSIGMATAMRONなどのサードパーティ製のレンズも豊富なのでSONYの4~5倍程度選択肢があります。

 

.......でもでもでも!SONYのレンズは種類は少ないですが性能だけは確かです。

それだけは私が保証しますしキヤノンニコンを愛用されている方もきっと納得してくださると思います。

特に意味のない文章をわざわざお読み頂いた方、ありがとうございました。

次に行きましょう。

 

f:id:alfalfa7ii:20170624173954j:plain

 

 

めんどくさくて上の部分を読んでない人もとりあえず

・α7シリーズはFEレンズ!

・FEレンズは種類が少ない!

ってことさえ知っておけば大丈夫です。

 

そしてその種類の少ないFEレンズですがはっきりと言います。

高い!!!

フルサイズ対応のレンズは高いのが当たり前ですがそれにしても...という感じがしないでもないです。カールツァイス銘やGレンズが高いのはもうしょうがないかなとも思いますが無印のレンズすら高いのは財政的に非常に厳しいですね。

 

他社ですとそれこそサードパーティの選択肢があるので救われますが現状サードパーティ製のフルサイズ対応Eマウントレンズは非常に乏しいです。

出費の多い大学生にとってはレンズの選択肢が少なく値段が高いのは目を背けられない問題なんです...。

 

さてここまでFEレンズに関して悲しい情報が多く出てきましたが安心してください。ポジティブ志向になればいい面も見えてきます。

Eマウントレンズが新しいレンズが続々登場するのでわくわくが多いです!

あっ、また新しいレンズが出る!といったように楽しい気分になれます。

f:id:alfalfa7ii:20170624182438j:plain

しかし値段を見て少し気分が沈みます

 

....はい、辛くなって来たので今回はこの程度にしておきます。

レンズが少ないならマウントアダプターを使えばいいじゃんと思われた方がいたかもしれないですがそのあたりに関する私の考えはまた今度書きます。

 

 

今回も最後にひとつだけ言って終わることにします。

 

 

財政力さえあれば問題ないのになぁ...(泣)

 

ありがとうございました。