SONY α7iiとぐうたら大学生

大学生がカメラを持って近畿をぶらぶらするブログ

α7iiとSEL28F20

どうも、アルファルファです。

三日坊主脱却です。人生で4回目のブログ更新となります。

f:id:alfalfa7ii:20170627112127j:plain

 

 

今回はα7iiとお気に入りのレンズSEL28F20の話をします。

SEL28F20の特徴を完結に書いてしまうと

・コンパクト

・軽い

・安い

といったところでしょうか。

 

そもそもSEL28F20ってなんぞや?って人が多いと思うので説明しておきますが

SONY Eマウントの単焦点28mmF2.0のレンズです。

カタログ値などは公式のHPをご覧ください。

www.sony.jp

 

このレンズの特徴はなんといっても軽くてコンパクトなところです!

他社の一眼に比べて小さいα7iiともよくマッチしたレンズですね。

鏡筒にはボタンなどがいっさいなくとてもシンプルなつくりになっています。

唯一の可動部分であるフォーカスリングは軽めで良い操作感をしています。

あと私は持っていませんがコンバーターレンズがあります。

 

f:id:alfalfa7ii:20170627113939j:plain

 

SEL28F20はコンパクトながらに解像感がすごいのですが、開放で撮ると結構周辺光量落ちをします。少し絞るとかなり改善されます。

周辺光量落ちをしているのがわかりやすい写真ないかなーと簡単に自分のフォルダを探したのですが見当たらなかったので諦めますごめんなさい。

 

f:id:alfalfa7ii:20170627115222j:plain

これは開放で撮った写真です。28mmという広角よりにも関わらずしっかりとボケがでるレンズです。葉っぱに乗った水滴まできれいに捉えて映し出してくれています。

 

 

f:id:alfalfa7ii:20170627114440j:plain

こちらはF値を9まで絞って撮った大阪駅の屋根ですね。かなり解像されてると思います。

柔らかでしっかりとしたボケのある写真からカッチリキッチリした写真まで撮ることのできるSEL28F20はとても気に入っているレンズです。レンズに手ブレ補正がついていないのですがα7iiは手ブレ補正が内蔵されているのでやはり相性が抜群ですね!

 

レンズ紹介ってあと何を書けばいいのでしょうか...。

とりあえず今回はこのあたりにしておきます。

ほんっっっとうにお気に入りのレンズのなので追加で書きたいこととかを思いついたらまた色々な作例とともに紹介させてもらいます。

f:id:alfalfa7ii:20170627120609j:plain

 

今回も最後にひとつだけ言って終わることにします。

 

何書けばいいかわからないし

もっと他の人のブログ見てきます!

 

ありがとうございました。