SONY α7iiとぐうたら大学生

大学生がカメラを持って近畿をぶらぶらするブログ

”初心者向け”写真を撮るときに気をつけると良いこと

どうも、アルファルファです。

昨日まで四国旅行に行っていました。一泊二日だったんですけど6割くらいは移動時間で消費しました。

四国、意外と広いです。

 

今回はスマホとかで写真を撮るときにも使える気をつけるとグンと写真が良くなる方法をいくつか紹介します。

ということで今回は写真をなんとなく撮っている人や、もっときれいに撮りたいとぼんやり考えている初心者の方向けの投稿となります。

私自身まだやっと初心者から中級者に片足踏み込んでこれたかなという感じなので拙い点が多いですがご勘弁ください。

それではサクサク書いて参ります~。

 

①水平を意識してみる

これまで水平を意識したことがなかった人はこれだけでかなり見やすい写真になると思います。例をあげてみますね。

f:id:alfalfa7ii:20170927133822j:plain

f:id:alfalfa7ii:20170927133942j:plain

あっ、すいませんひとつ言い忘れてましたけど今回写真のクオリティに関しては何も言わないでください...

普段より5割増くらいで残念な写真が多めです。

 

どうでしょうか。上の写真よりも下のほうが違和感なく落ち着いて見ていられる写真だと感じませんか。今回わかりやすくするために上の写真をかなり斜めにしていますが人間の感覚ってすごいもので少し傾いているだけでも何か違和感があるなってわかっちゃうんです。それを避けるためにもきっちりと水平を意識してみましょう。

 

f:id:alfalfa7ii:20170927135252j:plain

こういった格子?とかが写るときにも水平を意識するとカチッとした写真になります。

でも水平にするって難しくない?って思った方は自分のカメラ、スマホに水平器がついているか確認してみてください。それがなければグリッド線を表示するという項目を探してみてください。

グリッド線の表示は水平をとる以外にも使いみちが多いので表示させておくのがおすすめです!

ただ水平にしない写真がダメってことはないのが写真の難しいところです。

斜め構図がかっちりハマるときもあります。でも、カメラに慣れてない人が斜めで撮るとなんか落ち着かない写真になってしまうことが多め...

私もスマホで写真撮る時なんとなく斜めで撮ってみたりしたことありますが後で見返した時見づらい写真が多いんですよね。

 

②三分割構図を使ってみる

構図とかいきなり難しい事言うな!初心者向けやろ!って思ったみなさん少し落ち着いてください。知ってしまえばめちゃくちゃ簡単で一気に写真上達した感が出ますので。

これを撮りたい!って思ったときその撮りたいものをついついど真ん中にしてはいませんか?それも日の丸構図という構図のひとつですがたまには違うとり方もしてみましょう。

f:id:alfalfa7ii:20170711111831j:plain

主題が真ん中に来る写真が日の丸構図です。ただなんとなく撮ったみたいな写真はこうなることだ私の場合は多いです。

これを少しずらしてみるだけでかなり変わります。

f:id:alfalfa7ii:20170627105101j:plain

被写体変えんな!ってツッコミは無しでお願いします過去写真引っ張り出してるのでダンボーのそういう写真がたまたまなかったです。

さてさてわかりやすくするために線を引っ張ってみますね

f:id:alfalfa7ii:20170927141423j:plain

どうでしょうわかりやすくなったのでしょうか。

 

なにもない空間をつくることでただの記録写真ではない作品風になることがあります。

この構図を覚えているだけで幅が広がるので覚えていて損はないです!

動物を撮るときに、その動物が見ている方向の空間を空けると1枚の写真の中にゆとりが出て想像がかきたてられます。

 

f:id:alfalfa7ii:20170927142050j:plain

 

三分割じゃなくても真ん中から少しずらしてみたり、はたまた四分割で考えてみても普段と違う写真になります。自分の撮った写真を見返して被写体が真ん中にいることが多い人は試してみてはいかがでしょうか。

 

なんか思ったより長くなりそうなので一旦このあたりで終わることにします!

2つしか紹介できてない!

またすぐ更新できるようにしますのでぜひ見てくださいねー。

f:id:alfalfa7ii:20170927142910j:plain

もう夏も終わっちゃいますね。

今年の秋はすすきを撮りに行きたいです。

それでは今回はこのあたりで!