SONY α7iiとぐうたら大学生

大学生がカメラを持って近畿をぶらぶらするブログ

utulensを購入した話とレビュー

どうもアルファルファです。

最近はめっきり寒くなってしまってそろそろマフラーが手放せない季節になりますね。

こたつから出られない季節でもあります。現に今わたしはこたつでこれを書いていますがお茶をいれに立つのすらできていません。

 

さてさてそんなことはどうでもよくて、みなさんのカメラのルーツってどこですか?わたしは写ルンです!って答えたいところですが実は教材の付録についてたカメラやったりします。

今回は写ルンですのレンズを再利用して作られたutulensのレビューをします。とはいっても買ってからそんなにたってないのでとても簡単なものにはなりますが。

f:id:alfalfa7ii:20171111111717j:plain

 

それではまずは箱から!

f:id:alfalfa7ii:20171111111903j:plain

背景ごちゃごちゃしてますすみません。

こんな感じの紙の筒に入って送られてきます。販売元はギズモショップという会社です。

utulensの性質上大量生産が難しく売り切れになっていることが多いので、ショップの方が通知したタイミングで買わないと手に入りづらいかもしれません。

わたしはLINEを登録して再販かかったタイミングで手に入れることができました。

f:id:alfalfa7ii:20171111112256j:plain

中身は

・レンズ本体

・Eマウント用レンズアダプター

・レンズを入れられる袋

・スキンシール

・六角レンチ

・説明書

です!

レンズはプラスチックですがマウントアダプターは金属製でとてもしっかりした作りになっています。

余談ですがこのマウントはライカのL39マウントです。ライカレンズ買っちゃおうかな?!ってなりますね(ならない)

f:id:alfalfa7ii:20171111112822j:plain

α7iiに装着するとこんな感じです。

スキンシールは貼らない方が好みでした。

つけて持った感想はひとことで言うととにかく軽い!そして薄い!

 

使うときはまず設定で

・レンズなしレリーズをONにする

・絞り優先で撮影する

・35mm手ブレ補正を設定する(レンズは32mmです)

といった感じです。

このレンズはF値16固定のパンフォーカスなので絞り優先にすることで写ルンですと同じようにシャッターを押すだけという形で使えます。

あともうひとつ注意点があります。F値高いのでセンサーにホコリ等が付着していると容赦なく写真にあらわれてしまうのでお気をつけください。

 

ここからは実際に撮った写真をあげていきます。

まだほとんど撮っていないですが参考になれば幸いです。

f:id:alfalfa7ii:20171111114732j:plain

いかにもって感じじゃないですか??

周辺はかなり甘いです。

f:id:alfalfa7ii:20171111114912j:plain

そして歪みまくります。

f:id:alfalfa7ii:20171111115049j:plain

逆光耐性もまったくないと思って大丈夫です。

f:id:alfalfa7ii:20171111115241j:plain

ざらざらした写真になります

f:id:alfalfa7ii:20171111115359j:plain

アスファルトの左端とかは解像をする気もありません

f:id:alfalfa7ii:20171111115624j:plain

といった感じです。

どうでしょうか、わたしはα7iiで写りがすっかすかなレンズを使うという違和感がとてもすきでutulensがかなり気に入っています。

ミラーレスなら全て対応しているみたいなのでお値段もそこまでしないしおひとついかがでしょうか。

 

それでは今回はこのあたりで終わることにします。

ありがとうございました。